PCソフト

タスクマネージャーにある「CubeChecker」の正体とは

2021年3月27日

ふとタスクマネージャーのスタートアップ時起動アプリを確認してみると・・・

CubeChecker」なるものがいるではありませんか!

デフォルトで有効になっているこのCubeCheckerは有効にすべきなのかどうか

これはどこでインストールしたものなのか解説していきます。

 

「CubeChecker」とは

「CubeChecker」はずばり、「CubePDF」をインストールしたときにおまけでついてくるアップデート確認アプリケーションです。

https://www.cube-soft.jp/cubepdf/?lang=ja

「CubePDF」はPDF変換・作成できるフリーソフトで、個人的には手軽に複数のPDFを結合するためにインストールしていました。

現在(21/3/27)時点で、「CubePDF」のインストーラからインストールする際にオプションで「CubeChecker」のインストールを回避する方法はなさそうです。

 

無効にしても大丈夫?

スタートアップの設定を「無効」にしても問題ないかどうかについてですが、ずばり

全く問題ありません

「CubePDF」は公式サイトを確認するとバージョンアップを過去にも行っており、「CubeChecker」はその確認を行っています。

「CubePDF」を常に最新状態にしたい、という方は「有効」のままで問題ありませんが、PCの起動速度に多少の影響もあるので「無効」で問題ないでしょう!

-PCソフト

© 2021 ガジェジー